ひまじんのいまじん(仮)

息抜きに呟いています。テーマが一貫していません。加筆修正ばかりします。

今週思ったことなど

(2020/05/16更新)



(http://pictus44.blog.fc2.com/blog-entry-2532.htmlより拝借)

2020/05/10、テレビをザッピングしていたら、BS9チャンネル以降の家では映らないWOWOWゾーンで、画面上の番組名表示『有村架純の撮休 終』を発見。「有村架純」と「の」の繋がりと、「撮休」という熟語が目を引き即ググるWikipedia曰く、全8話・オムニバス・1話完結・是枝裕和、と。私的にアツい。続けざまに例によってお決まりのYouTube・DailyMotion・bakotv・Pandora TVに伺いを立てるが、甘い、どこにもアップロードされてはいなかった。イリーガルな態度は改められなければならない。消沈。これを見るべくWOWOWに加入するような気位高いモチベーションはなかったので、これにて今すぐの鑑賞は断念する。今は、いつか見たい、のフェイズにある。(無料に冒されすぎて、有料且つ手続きなどで少しでも鑑賞に時間や手間がかかるとわかったら、直前までの見たい欲は無いものにしていつかアップロードされる日を手ぐすね引いて待つ態度に切り替わる。知らぬ間にこれが自然になっていた。冷めやすい態度は、裏を返せば熱しやすい、つまり熱しやすく冷めやすい。)
参考HP
オリジナルドラマ 有村架純の撮休 (全8話)
『有村架純の撮休』全8話の場面写真解禁 | ORICON NEWS




◇ミートソースの作り方(3,4人前)
人参1本玉ねぎ1個をみじん切り→人参玉ねぎを炒め、玉葱が透明になったら豚ひき肉3、400gを。肉に料理酒を、また味付けにケチャップ適量・塩胡椒少々・コンソメ1,2個・バター1かけら。(お好みでにんにくや生姜・おたふくソース・カレー粉・砂糖等少々。)→そこにトマト缶を入れて煮る。水気がそこそこ飛んだら完成。水は入れない。



生の鯖の処理
生臭いので、塩をかけて置く。
醤油・酒の汁に漬けてから焼く(のもあり)。



精神的不調からTwitterをやめた20代の心境としましては、それは世を捨てたも同然、そういう気分なのであります。歴とした挫折の味に、結構落ちるのであります。甘く見ないでいただきたい。



高橋優とさかいゆう(再



夢:宇宙を闊歩する、クイズを出されながら。人間は自分以外も何人もいる。詳しくは忘れた
飛ぶ
ラップバトルの会場みたいなところでラッパーの若者が早押しクイズをしている。ボタンが一つあってそれを押し合って。下手の子が先にボタンを押したが外す。思い出せそうで思い出せず苦慮している様子をみせている。もう一方上手の子はまだピンときていないようで、果敢にボタンを押したが、外れ。起きる



クソだとわかっていてもやり過ごしてしまう
政府。一世帯2枚配布されるマスクと収束後に届けられる1人10万円。クソだとわかっていたんだけどなぁと回想する未来がぼんやりと見える。



典型的な粉飾決算(http://yoshinaga.jp.net/blog/accounting015/と、https://profession-net.com/professionjournal/general-rule-article-31/を参照)
利益の水増しは、売り上げの水増しか在庫の水増しによる
売り上げの水増しは単純。より多く売ったことにする。その分税金も多く支払うから課税局(税務署)は調べるインセンティブは低い。
在庫の水増しは、売上原価を下げ、もって売上総利益(=粗利益)を増やすために行われる。
売上原価=期首商品棚卸高+当期仕入高-期末商品棚卸高
上の式のうち、期末商品棚卸高を水増しすることで原価を下げる。売ったのに売れ残ったことにすることで一時的に原価を下げ、全体の利益を上げる。
『オザークへようこそ』シーズン1の第6話を見ていて、資金洗浄を頑張る主人公がつけた帳簿が水増しばっかりなのを投資先のホテルの主に見つかって、焦りながら事を収めようとしていた場面だったんだけど、ガキだから帳簿を盛るのと資金洗浄の繋がりがわかんなくて、だから帳簿で嘘をつく=粉飾決算についてテキトーにググった。上辺の上辺はわかったつもり、くらいの手応え。物語の筋道を理解するための最低限の知識の把握。無知の分野を中学校の教科書を一読してまずさらった、って感じ。
実を言うと資金洗浄の意味もまだぼんやりしている。悪いことで儲けた金を色んなところに投資してリターンを得ることで正当なルートで得たクリーンな金にするってことを金を洗う・資金洗浄マネーロンダリング(money laundering)って言ってる、って理解でいいのかね。曖昧。



例えばハライチのターンで「こじるりサイボーグ」と聞いてから、彼女をそういう風に(も)見るようになった。正確には、そういう風に見えるようになってしまった。そういう視点で見るのを覚えた、と言い換えてもいい。そういう風に言われたらそういう風にばっかり見てしまうという貧しさ。付け入られているって見方もあるが、個人的感覚ではわかっていても抑えが効かなくなるって結論した。どう歯止めしよう。ミーハーっていう流行病。大衆化・同調化。(p.s.2020年現在、同調圧力っていうときにしきりに否定される同調って、例えば学校とか会社とかジェンダー(社会的性)とかのネタでみられるのが多いけど、一方でツイッターの炎上(ex.ポリティカルコレクトネスネタ)から抽出できるような人々の同調現象って、始まったばっかでまだ嫌われても対応できてもないよね。そもそも前者と後者を同じ同調と呼んでいいのかすら共有できてないし、国家元首もたくさん使うからツイッター大流行りだし。距離感掴めないままみんな右往左往する現状。結局時間かな。←結局地元、みたいに弱い。)
ラジオ(のパーソナリティ)は、テレビなどの芸能を別の角度で見る方法を教えてくれる。一般人が普通に眺めていては中々思いつかない面白がり方を示す。そのラジオのパーソナリティが属する界隈のコンテンツのしがみ方(噛む(しがむ)=ガムみたいに繰り返し噛み噛みすること)、というか。そうやって自陣にフォロワー予備軍を引きずり込む。テレビをどうにか見させる且つその話を面白くしてラジオも聴かせる。資本主義のルール。現行の。



幼稚で、エロサイトのアカウントを作るのに気が引ける



二度寝後の夢:ばあちゃん家の二階の寝室、雨戸は閉めて暗がり。音量が大きいテレビが鳴ってて、申し訳ないけどリモコンで下げさせてもらう。誰かが鬼ごっこをやっていて、その寝室をマラソン大会の折り返し地点に置かれるコーンのように使って部屋を一周して通過した。紙袋の中にこの前食べていいよと言われて3等分してあった柔らかいドーナツがあった。薄紫色のパリッとする系のチョコレートがかけられていて、見た目アメリカンで毒々しく甘々な味を想起させた。食べようと手を伸ばし指の先がものに触れると、生地はすごく柔らかくて、なぜか女性の肌ないし体のようだという例えが初めに頭に浮かび、なぜなんだろうと思った。ドーナツを優しく持ち上げたあとは忘れた。食べたかもわからない。



タイトル案:清々しい朝であるべき



「ファイナルアンサー」を多用する寒さを数年前には自覚していなかったことに、YouTubeに違法(グレー?)であげられている数年前のラジオ音源のネタメールで気づく。そういう人間。



superorganism宇多田



運と計算
BUMP OF CHICKEN的売れ方は時代のおかげ、つまり温泉を掘り当てるような運によるものだったのか。BUMP OF CHICKENのスタイルが計算だったとしたら、今よりCDが売れたのか、今よりCDが売れなかったのか。



5年前の時点で5年後のこと、つまり今の景色なんて誰も予想できなかった、とかいうけど俺そもそも予想しようとしてなかった。どれくらいの程度であるいはどれくらいの正確さで未来を予想することを皆欲してるんだろう。結局あれか株のためか金のためか。



ザコい、懐かしい響き



YouTuberの動画のサムネイルに使われるようなあのテカテカした太丸文字が苦手



平子さんが話すエピソードトークの、特に心理描写の言葉選びが好き。話の面白さに上乗せしてそういう気持ちになると興奮して目が冴える。



平子りが恋しいときがあるファン



夢や希望を他人の人格にまで投影しないこと



『IT "それ"が見えたら、終わり』をスマホで且つ途中1回間を空けて観る。ダメだった。部屋を暗くして、少なくともiPadくらいの大きさのスクリーンで見るべき作品だった。臨場感が無いから怖くないし、途中うたた寝さえしてしまった。ホラーは相応の画面で且つ通しで鑑賞して初めて怖い。



ヤクルトスワローズの宮本とナイツ塙、雰囲気が似ている。各々の業界の立ち位置とパーソナリティ。



ゴールデンボンバー(の鬼龍院氏)の動向を見ていると、おのれが何かを作ったり、特に芸能を生業にするのに向かない性格であることがわかる。いや早まりすぎか、好きこそものの何とやら的な、好きならいくらでも動けるものか。ただYouTubeを眺めているだけで彼(ら)がうずうずしているようなのは察せる。凄い発信する。



ゴールデンボンバーYouTubeチャンネルが心地いい。サムネイル然り、動画内容然り、好み。


食事の記録

5/10
朝:あんぱん1個、スナックエンドウ6,7個、デコポン位の大きさの柑橘半個、小分けチョコレート1個、キットカット抹茶味1個
昼:無し
間食:いちご味のチューインガム1個
夜:栗と小豆入りお赤飯5,6口、鰤の刺身5枚・同炙り1枚、鰹の刺身1枚、スライス玉葱にぽん酢かけ3,4口

5/9
朝:春雨サラダ1人前(5口)、白米茶碗7分目、そぼろと玉子をご飯に適量
間食:一口大ドーナツ10個前後、ブルボンチョコダイジェスティブビスケット1箱、甘い駄菓子1口、キットカット抹茶味1個
昼:無し
夜:寿司1人前(12貫前後)
間食:クリームパン1個、食パン2枚にピーナツクリームとバタークリーム塗りたくり、焼きそばパン1個

5/8
朝:きな粉餅2個
昼:一口サイズのシュークリーム6個、ブルボンチョコレート&コーヒービスケット1箱、うまい棒チーズ味1口、ビー玉くらいの歌舞伎揚12,3粒、ピーチ味の飴1個
夜:春雨サラダ(胡瓜・ハム・玉子入り)1人前、白米茶碗6,7分目、そぼろと甘い玉子とキムチ適量ずつ
間食:小分けされた一口大の甘いドーナツ5,6個

5/7
朝:牛蒡油揚げ人参入り炊き込みご飯(水少なめ)茶碗一杯、焼鮭1,2口
昼:焼きおにぎり2個
夜:笊蕎麦1人前

5/6
忘失
夜:大根とネギの味噌汁一杯、炊き込みご飯茶碗一杯

5/5
朝:ミニトマト2個、白米茶碗5分目、鯖の塩焼き2,3口、ネギ納豆5,6口
昼:無し
夜:巻き寿司(鮪・サーモン・鯛・コーンマヨネーズ・ツナマヨ)10個超、漉し餡の柏餅1個
間食:ルヴァンクラッカー27枚
季節に合わせて食べ物を決める。ひな祭りにはちらし寿司と桜餅、こどもの日には柏餅。後者では寿司が好きだから私らのために。思い出の一つに。

5/4
朝:キャベツの千切りとレタス数枚小鉢一杯、白米茶碗1杯、すき焼き5口、焼き鮭2口、小分け包装されたチョコ1個
間食:一口大の甘いドーナツ7,8個
昼:無し
夜:ミニトマト2個、白米茶碗6分目、鯖の塩焼き4,5口、すき焼き4,5口、ほうれん草の胡麻和え1口、蒸した輪切りさつまいも2個
間食:ルヴァンクラッカー27枚

5/3
朝:キャベツの千切り小鉢一杯、白魚の煮物の汁に付いた大根とネギ2,3口、アボカド鰹節乗せ4,5口、白米茶碗6分目、微塵切りネギ入り納豆2,3口、ヨーグルト1人前(ブルガリアヨーグルトみたいな比較的高さがある四角い容器の半分)
昼:無し
夜:すき焼きのもと味の豆腐1口・ネギ3,4口・豚肉2口
間食:ラクトアイス・チョコパッキー1本、湖池屋スコーンコーン味1袋、甘い一口大のドーナツ5個