ひまじんのいまじん(仮)

息抜きに呟いています。テーマが一貫していません。最近は思考の断片の記録と化しています。

2019-03-10から1日間の記事一覧

メモ3/10

芥川龍之介全集〈4〉 (1971年) (筑摩全集類聚)より、『文章と言葉と』 なほ見たし花に明け行く神の顔 -芭蕉 諧謔を弄する 諧謔味 方解石 奉ずる アポロ主義↔︎ディオニソス