ひまじんのいまじん(仮)

息抜きに呟いています。テーマが一貫していません。加筆修正ばかりします。

メモ12/30

アドルフに告ぐ(3) <完> (手塚治虫文庫全集)

言上する(cf.具申する)
二歳駒
お邸内
シュトラウスブラームスユーリノルシュテイン
独裁者のための葬送行進曲
アルデンヌ 秋の霧作戦
ラデッキー行進曲
会議は踊る
チゴイネルワイゼン
耐乏
カリガリ博士
クラベ・クロスター
浮沈(再 (cf.浮沈子、不沈)
秘書として側近に侍る
悪し様に言う罵る ↔︎よさま
仮借なく進行する
尾羽打ち枯らす
謀反人
さし向ける(再
難事件がたちどころに解決す
世迷言
気が触れる
流刑流罪
不得策
手狭
U-103 Uボート速力ノット
ゲーリング ヒムラー ホイジンガー シュタイナー ゲッペルス ロンメル ボルマン デーニッツ フリードリヒ大王 ゾルゲ尾崎秀実モントゴメリーパットン
さもしい(再
モトロフのパン籠
あらためる検める
承服
忠節を尽くす
砲声
潜航
空挺二個師団
ライン河
スカンジナビア半島
一路、邁進するのであった〜(副)
永久結氷帯
哨戒機
海里
氷裂
貫入する
忌々しい、恨めしげな顔
機先を制する
手合い
亡国
ただちに本国基地へ帰役せねばなりません
嚆矢
尻に帆を掛ける
心安い仲
お戯れを(=ご冗談を)
情婦
しつらえる設える
黒い九月
ーー猛火であおられた
大気が雲をおこし
煤でまっ黒の
雨を降らせた
雨は一晩降りつづいたーー
ーー海征かば
水漬く屍
山征かば
草むす屍
さらに
野にも町にも
罪なき人々の
屍は朽ちつくし
骨は山をなしたーー

三題噺
狂言回し
万止むを得ず
装画装丁

ヒルズライフ HILLS LIFE|パリに学べ。なんてもう言えない——連載:菊地成孔「次の東京オリンピックが来てしまう前に」②(再

シノワズリ
諧謔
謹呈
苛烈
短躯
バウンサー
勘所
劫火(cf.業火)
擬闘
いたずらに
尖兵
宴席中華
典雅
中居
爛熟
ガルーダGaruḍa ヒンドゥー教の神鳥

その他

耳目に触れる
神雕
SUV



ひとこと
金銭所持に格差がでたこの先(仮)はどうなるんだろう、を、アドルフ・カウフマンの生涯に擬え(ナゾラエ)て考えていた。頭が悪く途中で断念気味になっている。