ひまじんのいまじん(仮)

息抜きに呟いています。テーマが一貫していません。加筆修正ばかりします。

メモ12/29

アドルフに告ぐ(2) (手塚治虫文庫全集)

人事不省(に陥る)
屈託
反故にする になる
今日日(再
雲隠れ
けったいな(再
私憤
友邦
風車に向かうドン・キホーテ
耄碌する(再
尾ける(字
時機を失する
冷血漢
伜(漢字
唐変木

憚りながら(副)
拘禁 拘置
妄動
御託(再
一役ひとやく
御見逸れしました(再
成功する公算がある
応召する
青天白日
銃後
エホバの神
物言えば唇寒し秋の風(再
ユダヤ神学校 ラビ律法師
貧すれば鈍する
受けた侮辱をそそぐ濯ぐ雪ぐ
牧童
明朝7時を期して
知遇を得る
軍神マース
興亡
木で鼻を括ったような挨拶や返事
蠢動
ノモンハン事件(再
師団
ご栄達で何より (cf.栄進)
具申(再
ひさかたの光のどけき春の日にしず心なく花の散るラン
時局
香気
身命を賭す抛つ
絶えて(副)

その年ーー
その後の日本の運命を象徴するかのように……
零戦の機影が
はじめて本土の空に飛んだ
男性をせいいっぱい愛している女って神秘的な雰囲気がありますね 一種の香気っていうか……

その他

四角四面
ヒューマニズム
introspection
存ずる
精進 六波羅蜜


なんとはなしに

世界の音楽セレクション playlist 2018/12/29放送分(転載)

▽年末スペシャル2018 〜音楽世界旅〜


「行ってきます」
ゴンチチ
「Improvisation」
U TIN
「俺たち兄弟、都会を行く Part 1」
ステープ・ダーオドゥアンマイ・バンド
「指が全部痛い」
SALOM
「Fikrehoy Temekeri」
Yishak Banjaw
「Igboroho[Ekassa 5]」
Sir Victor Uwaifo
「Moto Moindo」
Staff Benda Bilili
「Mahavelo Mitaha」
Damily
「O Mar」
Dorival Caymmi
「Bac Ti-Bouc」
Malavoi
「Farolito」
Natalia Lafourcade
「ここへおいで(Refuate En Mi)」
Lucy Fabery
「Llavimaso」
Juanito Marquez
「Esa Tristezsa」
Diane Denoir、Eduardo Mateo
「The Breaking Blast」
Tradition
「Zali Moji Zali」
Babooshki
「亡命の踊り(Corrndes D’Exili)」
Silvia Perez Cruz
「Arabian Dancing Girl」
Beyond
「Welcome To Thailand」
Carabao
「Sharero」
Sharero Band
「Freaking Out」
Question Mark
「Marvany」
Hungaria Egyuttes
「Oni Zaraz Przyjda Tu」
Breakout
「Zombie Universitario」
Los Silver Rockets
「Sublime」
Gal Costa
「Gaiteirino Pasa」
Alejandro Vargas、Camerata Egeria、Rosa Cedron
「Volver」
Placido Domingo、Pablo Sainz-Villegas
「Kamarinskaya」
Otava Yo
「恋をはじめるには(Mewuded Lemejemer)」
Dereb The Ambassado
「幸せになるために(Komsa Gayar)」
Lindigo
「宇宙の光(Cosmic Light)」
Thandi Ntuli
「Dear Anastasia」
Sven Kacirek
「Truong Tuong Tu(長い寂しさ)」
Kim Sinh
「Mid」
Flica
「Requiem For The Static King Part One」
「四月天」
劉若英(レネ・リウ)
「Cabeca」
Paulo Padilha
「Ta’Bailanta」
Gustavo Pazos Conde
「peperoncino」
ゴンチチ
「UPC」
ゴンチチ