ひまじんのいまじん(仮)

息抜きに呟いています。テーマが一貫していません。加筆修正ばかりします。

テクノロジーから、映画『羊の木』の一側面へ

※ネタバレ度12%



大意

見える景色が広がったら、また新たにめんどくなった

メモ

見えるものを見なくなった
見なければならないものが、見なくてもよくなった
てか見きれなくなった


「見なければならない」が「見える」に変わって
見える景色が広がった
(「見える」が「みえる」に変わった=見えるの意味が拡大して、みえないの意味が縮小した(ほんとは殆ど見えてない))


結果
「見える」が「見なくてもいい」になって
「見なくてもいい」が「無視と嘱託芸」に変わった


無視は力に、芸になって無視できなくなって
結局見なければならなくなった
てか強引に見せつけられるようになった


結局
「みえない」は「見えてなくはない」
ただ、「見えてなくはない」ことが分かっても生理的に見られなかったら
生理的に見られなかったらどうすればいいか
何をどうすればいいか


a.何を

  1. 私 (見る側)
  2. 私以外の他人 (同上)
  3. それら (見られる側)
  4. 環境 (ソフト面=風土・人間関係・労働環境等)
  5. インフラ (ハード面=施設・住居等)
  6. ルール
  7. 地方自治
  8. その他 (_______)


b.どうする

  1. 我慢
  2. 無視
  3. 嘱託
  4. 放置
  5. 処置 (処分)
  6. 包摂
  7. 神頼み
  8. 時の流れ頼み
  9. 上の全部
  10. その他 (_______)


c.その心は






にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村